スイミングで「スマホ病」を改善しよう!

貴方は、「スマホ病」って聞いたことありますか??

今では街を歩いたり電車に乗ったりしていると、どこでもみんなが
スマホの画面を覗き込んでいる姿を見かけます。

今ではスマホは生活の一部となり、かかせないものとなっておりますが
スマホが普及したことにより、昔ではなかった体の不調を訴える人たちが
増えてきたと耳にします。

「スマホ病」は、ひとつの病気や症状を表すものではなく、症状の原因が
スマホであれば「スマホ病」となります。以下に代表的な症状をあげてみます。
@眼精疲労  長時間スマホの画面をみつめることで、一晩寝ても
目が痛い。
A首こリ・肩こり  スマホを使っている姿勢は”ストレートネック”を作り
頑固なが起きます。
B内巻き肩  画面をみる下向き姿勢が”猫背”を引き起こし、呼吸が
浅くなり、肥満にもつながったり、首コリ・肩こりも起こします。
C肘や指の腱鞘炎  スマホを長時間、宙に浮かせるために肘の筋肉を酷使
することで、肘に腱鞘炎が起きたり、スマホを持ったままでの
親指での操作で、指の腱鞘炎が起こります。
D小指の変形  スマホを手の平で支える時に、小指をひっかけることで
スマホの重みで徐々に指が変形します。

「スマホ病」になる一番の原因は、スマホを使用している時の姿勢や、長時間
同じ姿勢で、同じ筋肉を酷使することで、症状がでていることです。

スマホを使用する時間を少なくしたり、休憩を入れたりすることも大事ですが
スイミングをすることで、特に首こリ・肩こりや内巻き肩の改善につながります。

スイミングは全身運動で有名ですが、特に肩甲骨周辺の筋肉を使うことで、血行が
よくなり、首こリ・肩こりが軽減されます。また呼吸が制限されますので、横隔膜の
発達が期待でき、脂肪が燃焼しやすい身体になるなど、いいことづくしです。

ちいさなお子様から、ご年配の方まで幅広い年齢で始めることができるスポーツと
しても魅力的なことですね!

身体の不調に心当たりがある方は、病院に通うのもいいですが、スイミングを
始めてみることもご検討されてみてはいかがでしょうか?

                                  


(C)Copyright Kyusandai Swimming Club. All right reserved.