水泳と泳法の違い??


とあるお母さんのお言葉なんですが

「幼児の教室は遊んでばかりでちっとも練習してない」という

お叱りに近いお言葉を聞く事があります。



おそらく、このお母さんの”水泳”のイメージは、クロールだったり平泳ぎだったり、

いわば
『競泳』のイメージを想像されているのではないでしょうか??



”水泳”とは文字通り
『水の中を泳ぐ』ことです。

もっと詳しく言うと、船などの乗り物を使わずに身体ひとつで、

水中や水面を自分の意思通りに自在に動き回れること、

またはその技術のことをいいます。



『競泳』でいう4”泳法”とは、文字通り
『泳ぐ方法』なんですね。

競泳は決められた”泳法”で、定められた距離を泳ぎきる時間を

競うスポーツになります。



オリンピックなどでは、水泳というと、競泳・飛び込み・シンクロ・水球の

4競技になることもご存知かと思います。



そう、水の中で行う行為は、すべて”水泳”なんです!

歩いたり、潜ったり、浮かんだり・・・etc。”泳法””水泳”の一部にすぎないんです。



ですから、スイミングクラブは”水泳”を教えるところであって、”泳法”のみを

教える場所ではないことは、ご理解いただけたでしょうか?



遊ぶばかりと言われますが、遊ぶ事も出来ない水の中で、子供が

「よし、顔をつけてみよう!!」と前向きな気持ちになるでしょうか??

顔付けを嫌がっているお子さんに”泳法”練習をやらせても、恐いだけで

プールが嫌になってしまうお子さんもいることでしょう。



幼稚園の課外教室を受けて卒園されたお子さんが、小学生になって自宅

近くの他のスイミングスクールに通わせたら、どんどん級が上がってる

なんて話も聞きますが、水に慣れるという基礎がしっかり出来てないと、

そうはならないと思います。



基礎があるから応用ができるのです!遊びを通じた水慣れという基礎が

あるからこそ、”泳法”にも応用でき、上達が早いのです。



保護者の皆様には”水泳””泳法”という概念は取り除いてもらって、

暖かくお子さんの教室を見守っていただきたいと思います!

                       


(C)Copyright Kyusandai Swimming Club. All right reserved.